観る・遊ぶ

谷の石畳道

江戸時代から大正期には、旧白山街道として勝山と牛首(白峰)との交通が頻繁で、その当時をしのぶ史跡として貴重である。舗装道路として地形に合わせて大小の石を縦・横に使い、坂道の土砂の流出には道路の水切りや石畳、平地のぬかるみには細長い石を埋めるなどの苦心の跡が伺える。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.