観る・遊ぶ

柴田義宣監物墓

付近に残る地名の鳶は、「ちごのまい」とも呼ばれ、柴田義宣監物が谷城偵察のため、稚児を舞わせた場所。同じく殿切原(とのきりはら)は柴田義宣監物が西脇惣左衛門と戦って自害または切られた場所といわれる。 墓は勺谷石製の一石五重塔で、中世後期の様式で、地輪正面に戦死の時の模様が刻まれている。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.