観る・遊ぶ

華蔵閣 蓮照寺 鏡池と御腰掛石

蓮如上人が吉崎御坊に在留を始めて間もない文明5年(1473)頃に、東野を訪れた際に居留されたといわれる寺。滞在の折に、仏石と池を配した庭を造られたと伝えられる。この池は姿を映す鏡として使われたことから「鏡池」と呼ばれている。また、蓮照寺に滞在し、村民に仏法を説かれた折に腰掛けたと伝えられる石が残されている。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.