観る・遊ぶ

雄岩・雌岩

享保の大洪水で上流から運ばれてきた2つの大岩。女神橋北側にあるものは「雌岩(めいわ)」、約50m下流にあるものは「雄岩(おいわ)」と呼ばれています。洪水の時には、雌岩には雌蛇・雄岩には雄蛇が乗り水を吹きながら激流を下ってきたと伝えられていることが名の由来となっています。雌岩には「享保十一」という文字が刻まれ、当時の惨劇を今に伝えています。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.