観る・遊ぶ

お千代の神様

昔おちよという娘が、川から三つの丸い石を持ってきて、真ん中は阿弥陀様、両端は父・母といって毎日花を立ててお参りをしていた。ある日、村の有志が羽織袴に身を浄めて、「神様に立派なお堂を建てさせて下さい。」と祈願したところ、「先ず、一の鳥居を小舟渡に建てよ」とお告げされた。村人はその位の高さに驚き、その後、その森を「堂の森」と名付けて境内にして、村の神様として大切にお守りするようになったそうです。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.