観る・遊ぶ

三室の縄文遺跡

三室遺跡は三方町の鳥浜貝塚と共に、北陸を代表する遺跡として県指定史跡になっている。発見の端緒は、大正3年の鉄道施設工事の際、多量の土器や石器が出てきたことにある。昭和15年に、鉄道の改良工事が行われたとき、吉田森氏によって遺構、遺物が確認された。その後の発掘調査によって、縄文早期から後期までの多数の遺物が発見された。また、住居跡や配石遺構(立石、環状配石、弧状配石、組石状配石)が確認された。出土品は、遅羽公民館内に展示されている。
このマップを表示するにはjavascriptが必要です。