観る・遊ぶ

本誓寺支坊 木根橋道場

浄願寺より古御堂をもらい受け使用していたが、昭和3年に改築され間口7間半、奥行き12間半の県下一の大きな導場となる。この導場は元は天台宗であったが、天正時代1570年、松任本誓寺は織田信長の真宗の迫害に逢い、木根橋村に敗退し隠棲した。この数奇な運命が明治14年には東本願寺末流 石川県松任本誓寺支坊となり現在に至る。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.