観る・遊ぶ

一乗山慶恩寺

 文明3年(1471)に、蓮如上人が教化行脚で志比原を訪ねた折、一乗谷城主斯波武衛の弟・永俊が蓮如上人の教化により真宗に帰し、道俊と名乗り志比原に棲んだといわれる。本堂に安置されている「金泥本尊」は蓮如証人の孫が入寺されたときに持参されたものといわれている。また、朝倉家10代当主・朝倉孝景がこの道俊に帰依して創建したのが、一乗寺慶恩寺の始まりである。鐘楼式山門は朝倉孝景の寄進といわれる。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.