観る・遊ぶ

勝山の機屋

 明治から昭和時代にかけて、勝山は織物王国として栄え、羽二重から人絹へと移っていた。家内工業として小機屋が隆盛し「ガチャマン」という言葉も生まれた。昭和から平成時代にかけて織物工業も衰退し機屋の数も少なくなってきた。往時の面影を残す機屋の古い建物、家並みが今も元禄や長渕、富田などに何軒か残っており町にとっては重要な建造物である。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.