観る・遊ぶ

結神社の東に石灯籠がある。昔は毎夜燈りがともされた。原藤一郎氏の先祖がその役目を果たされたと聞く。道路が舗装される以前には村の若者が時々集まって、「良いお嫁さんが当たるように」と願いを掛けて、道路にある石ころを拾っては常夜燈の傘の上に向かって投げ上げた。傘の上に石ころが乗ると願いが叶うと喜んだと言われている。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.