観る・遊ぶ

岩屋観音と岩屋大杉

 鈴厳寺の址に建てられた観音堂・岩屋観音。堂内には、鎌倉時代末期の十一面観音や如意輪観音・聖観音など5体が安置されていた。しかし、その文化財的価値が災いし、すべてが盗難にあった。現在の観音像はその後寄進され再現された像である。  境内にそびえるひときわ大きな杉が岩屋の大杉で、幹回り15m、高さ40mもあり樹齢500年と推測されている。昔は、この杉は12本に分かれていたが不埒者がそのうちの6本を切ったところ、白竜が現れて残りの6本に巻きつき、それ以上は切らせなかったとの伝承がある。白竜はそれ以来この杉の根元に住みついたと伝えられ、昭和42年に修復した際には白蛇が出現した。別名「子安杉(子持ち杉)」、この杉の皮を煎じて飲めば乳の出がよくなると言われている。 昭和40年頃までは人々も住んでいたが、過疎化が進み無人の地区となった。近年、岩屋観音周辺は森林公園として整備され、オートキャンプ場、憩いの場として賑わっている。

このマップを表示するにはjavascriptが必要です。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.