入力書式:
  • Filtered HTML:
    • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
    • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>

      このサイトではHTMLで書かれたコンテンツの投稿を許可しています。 HTMLのすべてを習得するのは気が引けるかもしれませんが、ごく少数の基本的なHTML「タグ」の使い方を習得するのはとても簡単です。 以下の表では、このサイトで利用できるタグを、一例を挙げて説明しています。

      より詳細な情報は、W3CのHTML Specifications(英文)や、W3C 仕様書等の日本語訳集を参照するか、好みの検索エンジンからHTMLについて解説しているサイトを探し、それらを参考にしてください。

      タグの説明記述例表示例
      アンカーは他ページへのリンク作成に使用します。<a href="http://oidenense.net">おいでねんせカッチャマ</a>おいでねんせカッチャマ
      強調<em>強調</em>強調
      強調<strong>強調</strong>強調
      引用<cite>引用</cite>引用
      テキストをプログラムのソースコードとして明示するために使われます。<code>コード</code>コード
      順序無しリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ul></ul> で囲みます。<ul> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ul>
      • 1番目の項目
      • 2番目の項目
      順序付きリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ol></ol> で囲みます。<ol> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ol>
      1. 1番目の項目
      2. 2番目の項目
      定義リストは他の HTML リストと似ています。 定義用語を <dt></dt> 、その用語の説明を<dd></dd> で囲み、全体を <dl></dl> で囲みます。<dl> <dt>1番目の用語</dt> <dd>1番目の定義</dd> <dt>2番目の用語</dt> <dd>2番目の定義</dd> </dl>
      1番目の用語
      1番目の定義
      2番目の用語
      2番目の定義

      ほとんどの特殊記号は、特に問題なく直接入力することができます。

      問題が生じた場合は、HTMLのエンティティ表記を使用してみてください。 例えば、&amp; と入力した場合はアンド記号の「&」のように表示されます。 エンティティの全リストは、HTMLのエンティティページを参照してください。

      エンティティ表記の一例:

      文字の説明記述例表示例
      アンパサンド(&)&amp;&
      大なり記号(>)&gt;>
      小なり記号(<)&lt;<
      引用符(")&quot;"
    • 行と段落は自動的に認識され、<br />(改行タグ)や <p> </p>(段落の開始・終了タグ)が自動的に挿入されます。 もし段落が認識されない場合は、空行を2つ加えてください。
  • Full HTML:
    • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
    • Google Mapマクロを挿入

    • Insert view filter allows to embed views using tags. The tag syntax is relatively simple: [view:name=display=args]
      For example [view:tracker=page=1] says, embed a view named "tracker", use the "page" display, and supply the argument "1".
      The display and args parameters can be omitted. If the display is left empty, the view's default display is used.
      Multiple arguments are separated with slash. The args format is the same as used in the URL (or view preview screen).
      Valid examples:
      [view:my_view]
      [view:my_view=my_display]
      [view:my_view=my_display=arg1/arg2/arg3]
      [view:my_view==arg1/arg2/arg3]