勝山遊び天国

チャレンジ2.バス編

1000円で勝山を満喫する旅の第2弾は、バスで行く勝山の旅。

ということで、家族サービスも兼ねて子供といっしょにやってきました。
えちぜん鉄道勝山駅。

大正三年に作られた駅舎は、大正レトロ。中に入ると、引き立てのコーヒーがセルフで飲めたりします。ただ、このコーヒーサービスは平日だけだそうで、今日はやってませんでした。
残念。

ちなみに、鉄道マニア(鉄っちゃん)に言わせると。このホーム待合所がなかなかイケてる建物だそうです。昭和初期に建てられたこの待合所は、ほぼ当初の原型を残しています。

勝山駅外観と待合所

この勝山駅から ①平泉寺 ②恐竜博物館へ直通のバスが出ています。

恐竜ラッピングバスという名前のとおり、恐竜の絵が前面に描かれているので間違いようがありません。ただ、この恐竜ラッピングバス。駅の表玄関から出ていないので、ご注意を。一般のバスは駅の表玄関から出発するのですが、なぜかこのバスだけは勝山駅の裏手の駐車場から出発します。駅舎の表で待っていると、「あれあれ?」ということになりかねません。
恐竜ラッピングバスの時刻表は、こちらから。

恐竜バスで勝山恐竜博物館に行く

子供は恐竜ラッピングバスが大好きですね。

うちの子供も「恐竜博物館へ行くには恐竜バス」。いつもは家族連れで混み合うバスも、始発便なので空いています。ありがたい。

バスの乗車料金は勝山駅から恐竜博物館までの「往復」で100円です。1000円の旅なので、できるだけ経費削減。

恐竜博物館までは「はたや記念館 ゆめおーれ勝山」だけ停車します。ここは、昔の機業場を改装して人々の集まる場所にしようと、今年の7月18日にオープンします。

さあ、着きました。子供たちの殿堂、恐竜博物館

リューピー君

本日は、第3日曜日なので無料です。まだ、100円しか使っていません。

ちなみに、恐竜博物館の内部はフラッシュ禁止です。私のカメラは旧式ですので、残念ながら館内の撮影ができませんでした。

なぜか、今日の恐竜博物館前には福井県警のマスコットキャラクター「リューピー君」が。
どうやら、振込詐欺の予防啓発のために出動したみたいです。リューピー君。いろんなところで頑張ってますね。ちなみに、リューピー君の活躍が見たい方は「リューピー君のデカ日記」をご覧ください。

恐竜博物館で恐竜を満喫した後は、恐竜公園で力いっぱい遊びます。ターザンロープは子供たちのお気に入り。

遊んでいればケガもします。血が流れようとも、舐めればなおる!

バンソウコウを貼れば、また鉄砲玉のように遊ぶ子供たち。大人はただ眺めているだけです。「元気だなぁ~」って。

ターザンロープで遊ぶ子供

レストハウス長尾山とお土産屋さん

ふと時計を見れば、もう午後1時。

どうりでお腹が減ってきていると思った。さて、お昼はどこで食べようか。 ここは敷地内にあるレストハウス長尾山で。

ここでは、色々なお土産も売っています。

でも、今日は所持金が1000円しかないのでお土産は無理だったのですが、 観光客の皆さんたちは色々なお土産を購入されてました。

「今日は、お土産は買いません!」と子供たちを急き立てて、
「なにを食べる?」と尋ねてみたところ、
「カツ丼!」

うーん…即答ですか。でもね、子供たち。カツ丼はね、650円もするのだよ。
1000円企画なんだからね。そういう無理は言っちゃダメ。
「でもカツ丼食べたい!」

ちょっと待ってろよ。今、お願いしてくるから………

喜べ、子供たちよ。店主のご厚意で650円のカツ丼を450円に値下げしてもらったぞ。

というわけで、この企画をご覧になられている方に朗報です。

下記のQRコードを読み込んで、恐竜博物館敷地内のレストハウス長尾山で見せると
650円のソースカツ丼が200円引きになります。

ソースカツ丼

■次の手順でお願いします。
①650円の食券を650円出して買う。
②食券を出す時に、携帯電話のクーポン画面を見せる。
③すると200円がキャッシュバック!

■ただし、次の条件をご了解ください。
①汁物はつきません(要するに右の写真と同じもの)
②使える期間は、7月18日から8月31日までです。
③クーポン一枚につき2名までご利用できます。

ソースカツ丼200円割引クーポンは終了しました。沢山のご利用ありがとうございました。

恐竜化石発掘体験

さて、本当ならここまで来るとやってみたいのは
「恐竜化石発掘体験」

今日もたくさんの子供たちがコツコツと石を砕いて化石を探していました。ひょっとして、これって化石ですか?と思ったときには、先生のところに行ってみよう。

「これはね。植物の化石だね」

と先生が教えてくれます。ちなみに、この先生は恐竜の先生でもありますが、樹木の先生としても(超)有名です。

恐竜ラッピングバスと平泉寺

恐竜化石発掘体験は、要予約です。
予約状況など詳しいことは「勝山恐竜の森HP」へ

お腹もふくれたことだし、子供たちも恐竜公園で力いっぱい遊んだので、午後2時2分の恐竜ラッピングバスに乗って再び勝山駅へ。そのまま、勝山駅からバスに揺られて平泉寺へ行ってみました。ここでまた100円使用。所持金は350円になりました。

いつ来ても、ここは幽玄ですね。子供たちには申し訳ないけれど、ここからは大人の時間。
平泉寺の社殿を目指していくと、なにやら遠目に見慣れた物体が。

あら。勝山のマスコットキャラクターのチャマゴンとチャマリンじゃないですか。ちなみにチャマゴン・チャマリンは恐竜をモチーフにしたキャラです。かなり運が良ければ、皆さんも会えるかも
(ただし、かなりの確率ですよ、念のため)

平泉寺という場所は、ユニークなものが色々と存在します。神社だけでなく、周辺をぐるりと散歩してみるのも面白いです。

平泉寺

平泉寺のソフトクリーム屋さん

残りの所持金も350円になってしまいましたが、まだまだこれでできることがあるはず。駐車場のソフトクリーム屋さんで、320円のソフトクリ-ムが食べられました。

なにしろ、ここのソフトクリームを食べるためだけに県外からやってくる人がいるほど。20周年おめでとうございます。

時計を見れば午後4時。それじゃ、恐竜ラッピングバスに乗って、勝山駅まで戻りましょう。

朝の9時から始まった1000円の旅も、ふと気づけば夕暮れ模様。子供たちも遊び疲れて、
バスの中では眠ってしまいました。そろそろ帰りましょう。
おつかれさまでした。

---収支報告---

■勝山駅-恐竜博物館のバス代金(往復)--------------------------100円
■恐竜博物館の入館料---------------------------------家庭の日につき無料
■昼食 レストハウス長尾山のスペシャルカツ丼-----------(特価)450円
■勝山駅 平泉寺のバス代金--------------------------------(往復)100円
■平泉寺のソフトクリーム屋さん ソフトクリーム-----------------320円
__________________________________
合計970円

あら、おつりが出た。

新しいコメントの投稿

CAPTCHA
投稿者が人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐため下記に表示されている英数文字を入力してください。
イメージ CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.